女性の加齢臭の原因や対策-私臭ってるかも?


「加齢臭」というと、男性特有のものというイメージがありますが、実は女性にも「加齢臭」はあるってご存知でしたか?

女性の加齢臭の原因や対策

あの酸化した油のような独特の「加齢臭」は、自分ではなかなか気づかず、知らない間に周囲に不快感を与えているので要注意!

今回は女性の加齢臭について原因と対策をご紹介します。

女性の加齢臭発生の原因

加齢臭の女性
女性に加齢臭が出てくるのは30代後半から40代にかけてと言われています。
その理由は、男性の加齢臭と同じ「ノネナール」という成分が多く作られるようになるからなんですよ。

「ノネナール」というのは、活性酸素によって皮脂腺の中の脂質の酸化で発生する「過酸化脂質」と、中高年特有の脂肪酸「パルミトオレイン酸」が反応することによって作られます。
 
女性は若いうちは女性ホルモンによって皮脂腺の働きが抑制されていますが、加齢とともに女性ホルモンの働きが衰え、皮脂の分泌量が増えていきます。
それに加えて過酸化脂質やパルミトオレイン酸が作られることで、女性も女性ホルモンが衰える頃合いから加齢臭が気になるようになるのです。

女性の方がキツい?加齢臭

中高年の男性の加齢臭のほうが知名度も高いのですが、実は女性の方が加齢臭はキツくなる傾向にあります。

というのも、男性ホルモンの分泌が活発な中高年を過ぎた60代以降の男性は、徐々に男性ホルモンの分泌も減少していきます。
その結果、皮脂量も減っていくため、加齢臭は次第に臭わなくなっていきます。
 
しかし、女性は更年期・閉経を経てますます女性ホルモンの働きは弱っていきます。つまり、皮脂腺の抑制がさらに効かなくなり、ますます加齢臭が強く、期間も長くなってしまうのです。

加齢臭が出やすい場所

加齢臭といっても全身から漂うのではありません。
やはり皮脂腺が多い部分のにおいがきつくなります。

場所としては

・頭皮
・顔のTゾーン
・耳の後ろ
・ワキ
・背中
・デリケートゾーン

などが挙げられます。

大体汗をかきやすい場所やムレやすい場所が加齢臭発生源と考えても良いでしょう。

不快な加齢臭を抑えるには、その部分に合わせたケアが必要です。

今すぐ始めたい加齢臭対策

食事の改善女性ホルモンの働きが衰える年代になったら、健康のためにも食事の改善は必要不可欠です。
 
加齢臭発生のメカニズムでもご紹介した通り、皮脂腺からでる皮脂を酸化させる活性酸素が作られるのを防ぐことで加齢臭の発生を抑えることができます。
とくに最近は食の欧米化が進み、さらに活性酸素が発生しやすい食生活になっているので、食生活の改善が急務。
 
活性酸素の発生を抑えるには、抗酸化成分を含む食品を積極的に摂ることがポイントです。

具体的には、新鮮な果物や野菜に多く含まれるビタミンC、ナッツ類や大豆などに含まれる「若返りビタミン」のビタミンEなどです。

ほかにも、赤ワインやココアなどに含まれるポリフェノール、にんじんやピーマン、かぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれるβカロチン緑茶のカテキン・フラボノイド、ゴマのセサミノール、エビなどの甲殻類のアスタキサンチンなど「抗酸化物質」と言われる成分を多く含む食材を毎日の食事に取り入れましょう。

上手にサプリメントを併用するのも良い方法です。

普段から睡眠不足、喫煙、過度の飲酒などの乱れた生活も活性酸素を増やしてしまう悪い習慣です。
また運動不足も体にとってはマイナス。

激しい運動ではなく、ウォーキングやスイミングなど体に負担を掛けない程度の軽い運動を定期的に行うことも活性酸素を増やすのを防ぐのに役立ちます。

ストレッチなどの軽い運動

人間はストレスを感じると交感神経が活発になり、常に体や心に負担がかかってしまいます。

現代社会でストレスを感じずに生きていくことはもはや不可能に近いことですが、できるだけストレスを感じない強いメンタル、感じても溜めこまずに発散できる趣味や楽しみなどを作り、上手に付き合っていくことも重要です。

仲の良い人とランチをしておしゃべりをしたり、適度に楽しめるスポーツをしたり、自宅でアロマなどを使って癒しの時間を作るのもおすすめですよ。

最近では、女性ホルモンの働きを整えるバラのローズオイルを利用したアロマテラピーを取り入れている方も増えています。心をリラックスさせるだけでなく加齢臭対策にも良いのでぜひお試しください。

紫外線に当たることで皮膚細胞でも活性酸素が生成されてしまいます。
年間を通して紫外線は降り注いでいますが、とくに5~7月の時期は紫外線量が増えるので要注意。

また晴れの日だけでなく、雨や曇りの日でも紫外線は出ているので、一年中、UVケアをすることが効果的です。

新聞や郵便物をとりに行ったり、洗濯物を干すときなどのちょっとした時間でも、外出するときは帽子をかぶっておくのがよいですよ。
また窓からも紫外線は入ってくるため、UVカットできるカーテンを利用するのもおすすめです。

石鹸で優しく洗う
加齢臭は放っておくとどんどんきつくなっていくため、毎日のスキンケアはとても大事です。

そこで注意したいのが、入浴時です。

臭いを気にするあまり、ボディソープで体をごしごし洗っていませんか?
これは加齢臭対策として効果的なようにみえて、実は厳禁。

というのも、強く肌をこすることで肌の表面を傷め、必要な皮脂まで落としてしまう結果、肌のバリア機能が働いてさらに過剰な皮脂が分泌されてしまうからなんです。

そして毛穴を塞ぎ肌トラブルのもとになるだけでなく、古い皮脂が閉じ込められてさらに加齢臭の元となるという悪循環に陥ってしまいます。
 
それを防ぐためには、体や頭を洗う前にはしっかりお風呂に使って皮膚を柔らかく毛穴を開かせたあとで体を洗うことが大事。

そして石油系ではなく石鹸系のボディソープやシャンプーをしっかり泡立てて、優しく洗うだけで、臭いの元となる汗や皮脂、古い角質、毛穴の奥に詰まった汚れを取り除くことができます。

また泡はしっかり洗い流すことも重要ですよ。

少々お値段は高くなりますが加齢臭対策用のボディソープ・シャンプーも様々なメーカーから発売されているので、ご利用になるのをおすすめします。
 
お風呂上りにも、タオルでごしごしこするのもNG。
入浴で柔らかくなった肌を傷つけ、タオルの繊維が肌に付着して臭いの原因になってしまいます。
そっと肌に抑えるようにして水分を吸収させるのがコツ。
 
それからさっぱりした肌に合うローション等で保湿してあげると完璧ですよ。

一日中肌に触れている洋服にも嫌な加齢臭が染み付いてしまうこともありますね。
そんなときには、洗濯をするときに洗濯洗剤と一緒に酵素系漂白剤を投入するだけ。
色落ちの心配もありませんし、除菌・殺菌効果もあるので一石二鳥ですね。

洗えないものには、ミョウバン水がオススメ。
水1Lに対しミョウバンを10g程度溶かしたものをスプレーボトルに入れて吹きかけ、干すだけでかなり臭いが抑えられますよ。

以上、女性の加齢臭の原因と対策方法をご紹介しました。

まとめ

香水で臭いをごまかす方も少なくありませんが、体臭や加齢臭と混ざると独特な香りになることもあり、解決には至りません。
あまりにひどいとホルモン補充療法も考えた方がよいですが、ほとんどの女性がそこまでひどくはないので、大事なことは日ごろの心がけと言ってもよいでしょう。

上記でご紹介した対策方法はそれほど大変なものではありません。
ぜひすぐにでも取り入れて、根本的に臭わない体作りをすることをおすすめします。

 


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。