ファスティングのやり方や効果・注意点-体の中をスッキリしよう!


最近、モデルやアスリートの間でも流行し、話題となっているのがファスティングです。
 
ファスティングとは「断食」のこと。
「え?ごはんを食べないって体に悪いんじゃないの?」と思いがちですが、様々なメリットがあるんですよ。
ですが、ファスティングには注意も必要。

デトックス・ダイエット・アレルギー改善などの効果があるというファスティングの方法と注意点をご紹介しますね。

ファスティング

「ファスティング」って何?

簡単に言うと、食事を短期間抜き、腸の中を空にすることで行う食事療法です。
ファスティングを行うことで、便秘がちな方は悪化している腸内環境を改善することができ、体内の毒素を排出するデトックス効果があると言われています。

ダイエットになる上に、胃腸への負担がかからなくなることで働きが活発化、さらに代謝が良くなるために肌がキレイになったり、免疫力もアップすることで風邪を引きにくくなる・アレルギー症状や敏感肌が軽くなるということも。

また空腹感が続くことで、若返り遺伝子である「サーチュイン遺伝子」も活性化され、アンチエイジング効果も期待できると言われています。

「ファスティング」の方法

また感覚が鋭敏になるということでスポーツ選手も行っているファスティング。
ですが、断食だからといってファスティング期間中は一切の食事をしないというわけではありません。

ファスティングを行っている間、野菜や果物で作られた酵素ドリンクと炭酸水を飲むという方法が最もオーソドックスな方法として知られています。

野菜で出来た酵素ドリンクを飲む

またファスティングは急に食事を抜き、酵素ドリンクや炭酸水に置き換えるわけではありません。
まず、ファスティングを行う前の1週間は、低カロリーの食事をとります。

野菜メインのヘルシーな和食など、体への負担がかかりにくい食事を続け、少しずつ体を慣らしていきます。
前日は早めの夕食を摂ります。

そしてファスティングスタート。

ファスティングを行っている間は、酵素ドリンクを3時間おき、炭酸水を喉が渇いたときなどこまめに摂取します。
植物由来の栄養素がたっぷり入った酵素ドリンクだけではおなかが空くという方も、おなかのなかで発泡して膨らむ炭酸水を飲むことで空腹感をおさえることができます。

ファスティングを終了したら、元の食生活に戻すために、いきなり普通の食事を行うことは厳禁。
おなかがびっくりしてしまうので、最初の食事はおかゆをとることがポイント。おなかに違和感がなければさらに体に負担を掛けない和食などヘルシーな食事をプラスして徐々にゆっくり体をなじませていきます。

いきなり高カロリーのものを食べたり、固形物を食べると、却って摂取した食べ物のカロリーを体が吸収してしまいリバウンドしてしまうリスクが高くなるので避けましょう。

また、その頃にはファスティングで空腹感を乗り越えたことで、食事に対する考え方や「食べたい」と思う食材も変わってきていることもあるようです。

「ファスティング」はなぜ体に良いの?

普段、食べたいものを食べたいときに食べたい量だけ食べている方は、自分が思っている以上に胃腸に負担をかけていることも多々あります。

それが、胃の働きを鈍くし、腸では便秘を引き起こす大きな原因となっています。
その結果起こるのは肌荒れやむくみだけではありません。

宿便が邪魔をして、食べた栄養がきちんと吸収されない上に、体の免疫細胞の8割を占める腸内環境が悪化して免疫力が低下するなど、体は悲鳴を上げている状態かもしれません。

胃に負担のかかる食事はNG

ですが、ファスティング(断食)をすることで、腸内にとどまっていた宿便や腸壁にへばりついていた排泄物を外に出し、腸内の一斉掃除を行うことができます。

酵素ドリンクに含まれる酵素等の栄養がしっかりときれいになった腸から吸収され、体の隅々まで運ばれるため、細胞も良質な栄養を受けとり元気になるのです。

また食事をすると食べたものを消化するために血液が胃に集まり、思考力が落ちると言われています。
ですが、ファスティングで摂る食事は酵素ドリンクと炭酸水なので、集中力をキープし、感覚を鋭敏に研ぎ澄ますことができるとも言われているのです。
 

「ファスティング」の好転反応って何?

 ファスティングを始めると、起こることが多いのが

・吹き出ものや湿疹、肌荒れ
・体のだるさ
・吐き気
・眠気
・発熱
・下痢

等の症状。

これはファスティングの「好転反応」と言われるもので、体から蓄積されていた毒素が排出されている証拠です。

あまり症状が酷くなければそこを乗り越えることで収まっていきますし、心身共に軽くなり、デトックス効果を自分自身の体で体感することを気持ちよく感じることもあるそうです。

「ファスティング」って個人でできるもの?

ファスティングは、理想としては6日程度行うのが良いとされています。
その理由として、1日目から3日目の間に腸内をすっきりさせ、4日目から6日目の間に体の代謝機能が最大限デトックスするために働くからと言われています。
 
ですが、仕事をしている人ならなおさら好転反応も含めてそんなに長期間行うのは難しいということも。
また安易はファスティングはかえって体調を崩し、リバウンドを引き起こすこともあります。

そのため、ファスティングを行う場合、個人で行うなら1日~2日までにしておくのが無難です。
もちろん断食期間が短ければその分デトックス効果もダイエット効果も限定されますが、無理に行って体に悪影響を及ぼすよりは、安全策といえます。

素人が十分な知識もないままに長い期間のファスティングを行うと、確実に体調を崩します。
必要な栄養素を摂りつつ、不要な栄養をカットすることで、体が本来持つパワーを最大限引き出す荒治療なので、一つでも条件が満たされなければ、肌がボロボロになったり、骨のカルシウムが血中に溶け出て骨がスカスカになってしまうことも。

また体重が目標道理落ちたとしても、通常の食事に戻した途端、筋肉量が落ちただけなので基礎代謝が落ち、かえって太りやすい体になってしまうという危険性もあります。

それを防ぐためには、初心者・素人は長期間のファスティングを行わない、長期間行うときには専門家に相談するか、短期間のファスティングで効果が上がって体が慣れてからにするなど考えて行った方が良いでしょう。

きちんと選びたい「酵素ドリンク」

市販でいろんな酵素ドリンクが販売されていますが、品質やメーカーの信頼性などをしっかりチェックして選ぶことも大事です。
安いだけの酵素ドリンクは、体に悪いものが入っていたり、必要な栄養がファスティングの期間ちゃんととれないため、メインの摂取栄養源が酵素ドリンク(と炭酸水)のファスティングでは致命的な問題となります。

口コミや成分表などをチェックし、信頼できるメーカーの高品質な酵素ドリンクを選ぶこともファスティング成功には欠かせない要件ですよ。

以上、注目を集めるファスティングについてご紹介しました。

断食をすることで体本来の力を高め、デトックスやダイエット効果でよりキレイで健康的になれると話題のファスティングは、正しい方法や酵素ドリンク選びが非常に重要です。
 
実際にファスティングを行った方からは、体が軽くなった、アレルギー症状が改善された、きれいになったと言われたなどうれしい声もたくさん上がっています。

ぜひ正しい方法でファスティングを行い、ご自分の魅力や健康をもっと高めてくださいね。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。