ビーグレン 「たるみ・ほうれい線ケアトライアルセット」の口コミ・レビュー


今回は、ビーグレンの全8種類のプログラムの中から、たるみを引き上げ、シャープな輪郭のフェイスラインを作り上げることを目的としている「たるみ・ほうれい線ケアプログラム」のトライアルセットを試してみました。

たるみ・ほうれい線ケアプログラム

ビーグレンの「たるみ・ほうれい線ケアプログラム」は、引き締めと引き上げを同時に行うことができるようにプログラムされています。

特に、5種類のリフトアップ成分を複合的に組み合わせたマッサージ美容液がポイント!
ほうれい線やしずく状に開いた毛穴も気にならなくなるように、マッサージしながらリフトアップケアを実践できます。

ビーグレン たるみ・ほうれい線ケアプログラム

ほうれい線化粧品

■たるみ・ほうれい線ケアトライアルセット:1,944円(税込)/送料無料

エイジングプログラムトライアルセット

【トライアルセットで試せるアイテム】

・洗顔料 (15g)
・エイジング化粧水 (20mL)
・マッサージ美容液 (10g)
・美容液 (5mL)
・保湿クリーム (7g)

たるみ・ほうれい線ケアトライアルセットの内容の紹介

「たるみ・ほうれい線ケアトライアルセット」には全部で5種類の基礎化粧品が入っています。
それぞれのアイテムの特徴や使い心地をレビューしています。

エイジング化粧水【“長時間潤いを維持する”高保湿化粧水】

まずは、エイジングケア専用の化粧水“10-YBローション”です。

エイジングケア化粧水

手の甲に化粧水を塗っています。

化粧水の使い心地

化粧水は無色透明で、テクスチャーは少しだけとろみを感じます。
皮膚に馴染ませてみるとすぐに吸収されるので、かなりの浸透力を実感できます。

いつも乾燥が気になる頬の部分に化粧水を塗っています。

化粧水の保湿力

画像でははっきりと判りにくいかもしれませんが、化粧水を塗っている部分(四角で囲ったところ)は塗っていない部分と比較するとしっとりしているんですよ~。

エイジング化粧水は、洗顔後の肌に“上質な水分”をたっぷり補給することを目的としているアイテムです。
皮脂が失われた状態の肌に高保湿の化粧水を浸透させることで、洗顔後に分泌される皮脂をコントロールして水分を逃さないように働きかけることができます。

私自身が肌の乾燥を一番感じるのはやっぱり洗顔後です。
普通の化粧水だとつっぱった感じがなかなかなくならないものですが、このエイジング化粧水を使うときちんとお肌がしっとり潤うのを実感できました。
乾燥しがちな部分の保水ケアにしっかりと効果を発揮してくれるアイテムです。

目元・口元の小じわ対策だったり、ほうれい線対策だったり、乾燥が原因ででききてしまうエイジングサインのケアに役立ちそうです!

「たるみ・ほうれい線ケアトライアルセット」のメインはこのアイテム!

今回試したトライアルセットの主役となるのがマッサージ美容液です。

マッサージ美容液【“重力と加齢に負けない引き上げ力”を生み出すマッサージケア】

化粧水の次に使うのは、マッサージ美容液の“QuSomeリフト”です。

マッサージ美容液

マッサージ美容液は「たるみ・ほうれい線ケアプログラム」の要とも言えるアイテムです。

マッサージ美容液のテクスチャー

マッサージ美容液は色が乳白色で、テクスチャーはゆるい感じで、通常のスキンケアに使う乳液に似ています。
ゆるいと言っても、『乳液よりも少しだけしっかりしているくらいかなぁ。』とイメージしてもらえると判りやすいと思います。

深いシワはないものの、小じわのような細かい線が気になりだした目元に、化粧水の後に美容液をクルクル馴染ませながらマッサージしてみました。

マッサージ美容液の使い心地

さすがに、すぐに皮膚が引き上がるという感触はありませんが、かなりしっとりとして時間が経つとキュッと引き締まった感覚がありました。

マッサージすること自体も血行促進に一役買ってくれるので、たるんでくるお肌のお手入れには確かに最適だという気がします。
たるみだけじゃなくてほうれい線のケアにも効くので、顔全体のリフトアップを目指している人にはおすすめのアイテムかもしれませんね。

エイジングケアをサポートする強力なアイテムも揃っています!

主役となるマッサージ美容液の次に使うサポート役を担っているアイテムはまだまだあります。

美容液【“代謝促進効果でリフトアップ”する温感美容液】

マッサージ美容液の次に使うのは、美容液の“Cセラム”です。

美容液

美容液はビタミンCを高濃度配合しているところが特徴的な、ビーグレンのスキンケアに欠かせないアイテムです。
皮脂のバランスをコントロールするピュアビタミンCが皮膚の代謝を上げながら回復力を高めてくれるので、美白・エイジングケア・ニキビ対策などの幅広いスキンケアに応用できます。

美容液は無色透明ですがかなりツヤがあって、テクスチャーは皮膚の温度でとろ~っと溶けるような感触をしています。

美容液のテクスチャー

手の甲に塗ってみると(右側の画像)、じんわりと馴染む感じですが、かなりの浸透力を実感できます。

化粧水→マッサージ美容液→美容液の順番で使ってみて、ほうれい線が気になる部分のスキンケアをしてみました。

美容液の効果

マッサージした効果も手伝っているのかもしれませんが、美容液を塗ることで皮膚の感触がもっちりするのでほうれい線が目立たなくなっています。

美容液には温感作用を伴ったリフトアップ効果があるので、塗っているとポカポカしてくるのが実感できます。
血行が良くなると代謝も上がると思うので、たるみやほうれい線には十分な効果があるような気がします。

たるんだ皮膚をグイッと上に持ち上げられるわけではありませんが、使い続けることでリフトアップ効果が高まるアイテムだと思いました。
ほうれい線がこんなにも目立たなくなるなんて思っていなかったので、もっともっと効果を期待したくなっちゃいました♪

サラッとしたタイプの美容液ではありませんが、嫌な感じなベタつきもありませんから、使い心地も悪くないですよ。

保湿クリーム【“肌活力を蘇らせる”高保湿クリーム】

「たるみ・ほうれい線ケアプログラム」の仕上げに使うのが保湿クリームの“QuSomeモイスチャーリッチクリーム”です。

保湿クリーム

保湿クリームは色が白くて、テクスチャーは指に乗せてもそのまま形が残るくらいにしっかりとした硬さです。

保湿クリームのテクスチャー

カサつきが気になる口元に、化粧水→美容液→保湿クリームの順番に塗ってみました。

保湿クリームの使い心地

口元にはまだシワは目立っていませんので、マッサージクリームは使いませんでした。

引き締め効果があるわけではありませんが、保湿クリームを塗ってみると口元にハリが出ているように見えていませんか?

ビーグレンの保湿クリームを塗ると、化粧水や美容液が浸透した状態をラッピングするような感じになるので、肌がふっくらしたような感触を実感できました。
化粧水や美容液の浸透力の高さも影響しているのだと思いますが、スキンケアの最後の仕上げとして保湿クリームを使うことで保湿力が倍増します。
エイジングケアで保湿クリームを使う最大の目的は水分を逃がさないようにすることですから、「たるみ・ほうれい線ケアプログラム」の締めくくりとしてふさわしいアイテムと言えると思います。

洗顔料【“年齢肌にも低刺激”な吸着クレイ洗顔】

そして、エイジングケアでも洗顔は重要なポイントです。
そこで、スキンケアを始める前のワンステップに使うのが、ビーグレンのすべてのプログラムに共通するアイテムとなっている洗顔料の“クレイウォッシュ”です。

洗顔料

洗顔料自体の色は薄いグレーで、テクスチャーはトロッとしています。
ジェルみたいな感じをイメージしてもらえると判りやすいと思います。

一般的な洗顔料と比較するとあまり泡が立ちません。
使い方としても泡立たせないで肌に馴染ませる方法で洗顔するとホームページ上で指示されています。

洗顔料には天然のクレイ「モンモリロナイト」が入っていて、古い角質や酸化した余分な皮脂を”吸着”して洗浄してくれます。
ゴシゴシ洗う感じにならないので、デリケートな年齢肌にも低刺激でやさしいですね。

あと、実際に洗ってみて感じたことは、洗い流したのにも関わらず、しっとりした感触が残る不思議な感覚があることでした。
潤い成分としてお馴染みの“ヒアルロン酸”が入っていますし、洗顔時に失われてしまう皮脂を補ってくれる“スクワラン”まで入っていますから、洗い上がりがつっぱらないのも納得です。

洗顔後の皮膚の乾燥はシワに直接的に影響してくると言いますから、カサつきやつっぱりを感じさせない吸着洗顔はエイジングケアにも最適だと思います。

ビーグレン たるみ・ほうれい線ケアプログラム

ビーグレンでほうれい線が消える




記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。