「大人ニキビ」の原因と症状。治し方や化粧品でもできる効果的なスキンケア


思春期には大人へと成長していく段階において、体から分泌される皮脂が急激に増えることでニキビが発生することがあります。
これはいわゆるアクネ菌という細菌が皮脂をエサに増殖することが原因で発生する炎症であることが明確になっており、10代~20代の限られた年齢で誰しもが経験する皮膚トラブルと言っても良いでしょう。

しかし、20代以降の大人になってからもニキビを繰り返す人が少なくありません。
皮脂の分泌も落ち着いてアクネ菌の増殖の影響がなくなるはずなのに、どうしてまだニキビが出来てしまうのでしょうか?

大人ニキビが出来る原因

思春期のニキビの原因となっているアクネ菌とは違い、大人ニキビは何が原因となっているのでしょうか?
症状を引き起こす原因について詳しく調べてみました。

大人になってから出来るニキビの原因の一つとして「マラセチア菌」が挙げられます。
マラセチア菌は顔だけに留まらず、胸、背中、腕など、体の至る所にニキビを発生させるカビの一種です。
マラセチア菌は毛穴に異常繁殖する性質がありますが、特に汗や皮脂が詰まった状態の毛穴でトラブルを引き起こします。

マラセチア菌

例えば、汗や皮脂を分解する際に皮膚に炎症を起こします。
また、菌が増殖する際に免疫反応によって炎症を起こすこともあります。

マラセチア菌による皮膚の炎症はニキビの症状に非常によく似ていますので、私たちは大人ニキビとして判断してしまいがちです。
でも、皮膚科を受診すると「マラセチア毛包炎」という皮膚の病気として適切な治療をするように薦められるはずです。
一般的には体に出来るケースが多いので、突然ニキビが増えたと思ったらマラセチア毛包炎を疑ってみる必要がありそうです。

20代以降は社会生活の影響でストレスを感じやすく、ホルモンの分泌が乱れてニキビが出来ることがあります。
あと、女性の場合に限って言えば、生理前はホルモンバランスが乱れやすく、必然的にニキビが出来やすくなります。
生理前は黄体ホルモンの影響で一時的に皮脂が増えるので、人によっては毛穴が詰まりやすく、ニキビが出来ることにつながってきます。

しかも、面倒なことに、生理前はお肌のバリア機能まで正常に働きにくくなるのです。
そのため細菌が皮膚に侵入するのを上手く防ぐことが出来ず、結果的にニキビを発生させてしまうのです。

もともと体質的に皮膚が乾燥しやすいとか、紫外線や老化によって皮膚の水分量が低下すことでニキビが出来ることがあります。
通常、健康な肌は角質層のセラミドが十分に保たれているため、しっとりと潤っていて角質層のバリア機能が正常に機能しています。
ですから、多少の外部刺激では簡単に細菌が侵入して肌トラブルが生じることはありません。

大人にきび原因

しかし、乾燥肌や肌老化、紫外線のダメージなどによって角質層のセラミドが不十分な状態になると、細菌の侵入を防ぐことができなくなります。
また、皮膚が乾燥することによって炎症が起こることもあります。
つまり、肌質や年齢が影響して細菌の繁殖や炎症につながり、ニキビの症状として表れてしまうのです。

大人ニキビが出来易い場所

大人ニキビが出来る場所は人それぞれ異なります。
それでも、『いつも同じところに出来てしまう・・・。』という悩みを持っている人は多いものです。
そこで、大人ニキビが出来易い部分についてまとめてみました。

■あご・フェイスライン

もともと皮脂の分泌が盛んな場所なので、うっかりすると細菌が繁殖してニキビが出来てしまいます。
皮脂の分泌が増えた時に毛穴が詰まっていると、ちょうど良いタイミングで細菌の繁殖が始まります。
普段から清潔にしていればこれと言って問題はないと思いますが、メイクや化粧品などの成分が毛穴の詰まりを促進するなど、細菌の繁殖に追い打ちをかけることがあります。

■頬

頬は皮脂の分泌の影響は少なく、むしろ乾燥することがニキビを作っている可能性があります。

大人にきびできる場所

頬の皮膚が乾燥している状態だと角質が硬くなって刺激を受けやすくなり、炎症につなげてしまうことがあります。
思春期に出来る皮脂によるニキビとは違って一度にたくさん発生することはなく、ポツポツと増えてくるのが特徴的と言えます。

■背中・胸

背中や胸は夏場にはよく汗をかきますし、普段からシャンプーやボディソープなどの洗い残しが毛穴を詰まらせてしまい、細菌の格好の繁殖場所となる部分です。
汗や汚れが溜まっているところは特にマラセチア菌が好む場所と言えますので一気に増殖することがあり、皮膚科に行かなければならないほどの炎症になる可能性が高いと言えます。

■首

首は年齢を重ねると肌のバリア機能が低下し、角質層が乾燥しやすくなります。

大人にきび発生場所

そうすると多少の外部刺激でも簡単に肌トラブルが起こってしまい、炎症を伴うニキビになってしまいます。
他の部分と違って細菌やカビの繁殖が原因ということではありませんが、炎症が起こるとかゆみや痛みを伴うことがありますから軽く考えてはいけません。

■お尻

お尻は下着で蒸れやすく、汗や排泄物によって雑菌が繁殖しやすい場所です。
それに、意外にも皮脂の分泌が多く、詰まった毛穴に細菌が繁殖して炎症を起こしやすいのです。

■頭皮

髪の毛で目立たないものの、頭皮にもニキビが出来てしまうことがあります。
頭皮のニキビのほとんどはシャンプーやリンスとの相性が悪いことが原因とされています。
洗浄力が強すぎるとか洗浄成分が皮膚に合っていないと、頭皮へのダメージや乾燥が影響して炎症が起こってしまいます。

大人ニキビの症状

大人ニキビの初期症状としては、毛穴が少し盛り上がって白っぽくなります。
この段階ではかゆみや痛みがほとんどありません。

そして、症状が進んでくると毛穴が完全に詰まった状態になり、詰まった部分が黒っぽくなります。
徐々に毛穴で細菌が増殖を拡大していますので、炎症が少しずつひどくなってきます。

大人にきび症状

さらに症状が悪くなると、毛穴が赤く腫れあがり、激しい痛みやかゆみを伴います。
ここまで症状が悪化すると治すのが非常に難しくなり、治っても色素沈着や傷痕が残ってしまいます。

最悪の状態は患部が膿を持ってしまうことです。
ニキビが出来た部分が黄色っぽくなり、ジュクジュクとした膿が皮膚から出てくるようになります。
もはや自分で治療することは不可能ですので、皮膚科で薬を処方してもらったり、外科的な処置をしてもらったりしないといけないかもしれません。

大人ニキビの治し方

まずは、ニキビの原因となっている細菌を減らさないことにはいつまで経っても症状は良くなりませんから、とにかく皮膚から細菌を減らすことを第一に考えなければなりません。
そこで、細菌性の大人ニキビを治すためには、殺菌作用のある塗り薬や化粧品を使ったケアを行うのが一般的です。
皮膚科に行けば外用薬を処方してもらえますし、市販のニキビ治療薬はドラッグストアなどで手軽に購入できます。
化粧品も同様にニキビ対策用の市販の商品がありますので、そちらを利用すると良いでしょう。

大人にきび治し方

そして、皮膚の乾燥による大人ニキビには保湿ケアを重点的に行うのが良いでしょう。
炎症を伴わない軽度のニキビが出来ている程度ならば、角質層への水分補給やセラミド補給を行うことで、比較的早く症状が良くなりますし、ニキビを繰り返すことも減ってきます。

さらに、特殊なケースもご紹介してみます。
「大人ニキビの原因」の内容でご説明していますが、ホルモンバランスの変化による大人ニキビがあります。
生理前などのホルモンバランスの乱れやすい時期の症状を根本的に治したい場合はホルモン治療を行って治すことができます。
エストロゲンという女性ホルモンを含んだ薬を飲むことによって、体内のホルモンバランスを安定させて大人ニキビを治していきます。
最近では女性ホルモンを含んだニキビケアの塗り薬も治療効果が高いとして注目を集めています。

大人ニキビ対策化粧品に入っている効果的な成分

大人ニキビが繰り返し出来てしまうけれども、しばらくするとなんとか症状が落ち着くという人の場合、大人ニキビ対策化粧品を使うことで完治につなげることができるかもしれません。
そこで、大人ニキビ対策化粧品の成分や働きなどについてまとめてみました。

細菌性の大人ニキビを治すのには欠かせない成分です。
毛穴に繁殖した細菌を退治して追い出し、症状を少しずつ改善していきます。
炎症を抑える効果もありますので、ニキビがひどくなるのを防ぐのにも有効です。

大人にきび対策化粧品

ニキビが治ってからも使える成分ですので、再び細菌が繁殖してしまうのを予防するためにも使い続けたい成分と言えるでしょう。
大人ニキビを何度も繰り返しやすい人の毎日のスキンケアには是非取り入れてもらいたい成分です。

細菌の繁殖を抑える働きを持っている成分です。
ニキビケア製品によく使われていることで有名ですが、顔だけではなくて体にできたニキビにも効き目が高いと言われています。

ただし、皮膚の乾燥を促進したり、バリア機能を低下させたりしてしまうリスクが懸念させていますので、乾燥肌や敏感肌の人のニキビケアにはあまりおすすめできないと言えるかもしれません。
ご自身の肌質を考慮してニキビケアに取り入れるべき成分と言えるでしょう。

殺菌作用が非常に強い成分です。
マラセチア菌やカビなどの繁殖力の強い細菌までしっかりと殺菌することができますので、大人ニキビを根本的に治すためには欠かせない成分と言えるでしょう。

大人にきび殺菌

汗や皮脂、蒸れなどによって増殖した細菌はなかなか減らすことが難しいものですから、殺菌力の強い成分による毎日のケアが必要になってきます。
イソプロピルメチルフェノールは、顔はもちろん、背中や胸、お尻などの体に出来た大人ニキビにも効き目が高いとされています。
殺菌力を重視したニキビケアが必要な部分にはピッタリの成分と言えるでしょう。

炎症を抑える働きを持っている成分です。
大人ニキビが進行して赤みを帯びてきた状態でケアすると、炎症を抑えながら赤みを効果的に鎮めてくれます。
すべての大人ニキビに万能ということではありませんが、乾燥肌や肌老化などによる炎症であれば、すばやく肌荒れを快方に向かわせると言われています。
肌質改善にもつながってきますので、皮膚のかさつきや年齢的な肌荒れが気になる方は試してみると良い成分かもしれませんね。

肌荒れに効く成分としてお馴染みの成分なのでみなさんもよくご存じだと思いますが、大人ニキビのケアにも効き目があります。
ビタミンC誘導体が皮膚の角質層まで浸透すると、コラーゲンを作り出して肌のターンオーバーを促進してくれます。
ニキビ部分にはびこる細菌をターンオーバーと一緒に追い出しやすくなりますので、細菌の増殖や炎症の拡大を防ぐことにつながります。
すぐにニキビが治るということではなさそうですが、継続的なケアがニキビの出来にくい肌質へと改善してくれそうです。

肌内部に存在する保湿成分を回復させる作用を持ち、肌のバリア機能の向上や皮膚の乾燥を改善する働きがあります。
乾燥性の大人ニキビ対策には最適の成分と言えるでしょう。

大人にきびケア成分

また、色素沈着の美白ケアにも効き目がありますので、繰り返したニキビの痕をきれいにするスキンケアにもおすすめです。

女性ホルモンによく似た構造を持つ成分です。
ホルモンバランスが乱れている時に使うことでホルモンの分泌を安定させ、毛穴が詰まりにくい状態を維持する働きをしてくれます。

女性であれば生理前にホルモンバランスが乱れる傾向にありますので、毛穴が詰まってニキビが発生することがあります。
一時的なものではありますが、毎月ニキビができるのは避けたいものですよね。
生理前に大人ニキビが出来やすい人は試してみる価値がありそうですね。

あと、毛穴引き締め効果もあります。
キュッと引き締まった状態を保つことで細菌の侵入を予防することにもつながります。
ニキビの原因菌を寄せ付けずに美肌をキープできますので、デリケートな時期のスキンケアには最適の成分と言えるのではないでしょうか。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。