つらい手荒れに効くハンドクリームの効果的な使い方


毎日の家事の水仕事で常に手のかさつきが気になるとか、冬の乾燥する時期になると指先のささくれやヒビ割れが起こりやすくなるなど、手荒れでお悩みの方が急増しています。
スベスベで美しい手を保つために「ハンドクリーム」を使ったスキンケアを実践してみましょう!

手荒れの症状

手荒れと言っても、軽いものから重度のものまで、その症状は千差万別です。
みなさんがお悩みの手荒れの症状はどのような状態でしょうか?

指先から、手の平や手の甲まで、手全体が乾燥してかさつき、そのうちにかゆみまで伴うようになることもあります。
指先がかさつくときには、爪のまわりにささくれができる方も目立ちます。
これらの症状は手荒れの中では初期段階で、最も多くの方が感じているのではないでしょうか。

手の乾燥した状態をそのまま放っておくと、皮膚の角質層の脂質や水分が奪われ、肌表面に亀裂が生じて「ヒビ割れ」になります。

手荒れ

ヒビ割れの状態がさらに進行すると、皮膚の奥の真皮層から出血を伴う深い亀裂が生じますが、これを「あかぎれ」と呼びます。
皮膚がパックリと割れて、終いには出血してしまうと、見るからに非常に痛々しい状態になります。

季節の変わり目になると、気温や湿度の変化に体がついていけず、自律神経がバランスを崩し、抵抗力や免疫力が弱くなることがあります。
皮膚もいつも以上にデリケートになりますが、手は体の末端部位ですので栄養が行き届かなくなり、皮膚が弱って急に手の皮がポロポロとむけてしまうということが起こります。

家事で水仕事をすることが多い主婦をはじめ、主に水仕事を行う職業(美容師、調理師、飲食店の従業員、医療従事者など)の方に多いのが「手湿疹」と呼ばれる症状です。

手湿疹

はじめのうちは手の皮膚がかさかさしてかゆみが起こる程度の症状ですが、しばらくすると指や手全体に水泡ができます。
水泡になると痛みと伴に炎症が起こることが多く、出血して炎症がどんどん広がってしまうこともあります。

手荒れの原因

手荒れの主な原因となっているは、皮膚の表面を覆っている皮脂が失われてしまうことであると考えられます。
食器洗いや炊事、洗濯などの家事仕事で水に触れる機会が多い主婦の方や、洗剤やシャンプーなどを使用する機会が多い職業の方は、水分や洗浄成分が触れることを繰り返しているうちに、皮膚の表面を覆っている皮脂がどんどん剥がれてしまいます。

手荒れ原因

そうすると、肌のバリア機能が弱まって免疫力が低下し、手荒れを起こしてしまいます。

また、季節の移り変わりの際に空気が乾燥してくる冬は特に手荒れを引き起こしやすいと言えるでしょう。
空気が乾燥しているということは、つまり、湿度が低く、皮膚から水分をどんどん奪っていきます。
足と違って靴下を履いて皮膚を覆うことができない手は空気の乾燥の影響を受けやすく、かさつきやかゆみを感じやすくなると言えます。

さらに、ゴム製品、石けん、シャンプー、布(繊維による摩擦)などの外部刺激によるアレルギーで手荒れが起こっている可能性も否定できません。
特に、アレルギー疾患やアトピー性皮膚炎をお持ちの方は、もともと皮膚のバリア機能の働きが悪いケースが多いので、手荒れの発症率が高いと言われています。

日常的な生活習慣、季節の変化、体質など、様々な原因によってもたらされる手荒れ。
そこで、つらい手荒れの時にとても頼りになるのがハンドクリームなのです。

つらい手荒れに効くハンドクリームの種類

ハンドクリームは種類が豊富で、成分や使い心地にはそれぞれ特徴があります。
手荒れの症状に合わせて手のお手入れに効果的に使うために、ハンドクリームの種類についてまとめてみました。

比較的軽い症状ではあるものの、手がかさついてかゆみがあるとついつい掻いてしまうものです。
掻いた時に皮膚を傷つけてしまうと症状が悪化しやすく厄介ですので、「かゆみを抑えるハンドクリーム」でかゆみを止めることがとても大切です。

ハンドクリーム

かゆみがある場合は皮膚が乾燥している場合が多いので、クロタミトンやジフェンヒドラミンなどのかゆみ止め成分が配合されているハンドクリームが効果的です。

ワセリン、スクワラン、セラミド、ヒアルロン酸などの「保湿成分が配合されているハンドクリーム」は、手の皮膚表面のかさつきが気になる時に使うのが効果的です。
これらの成分は特に保湿性が高く、手を表面から保護しながら、内側からも潤いを高める効果があります。
軽度の手荒れに対してはすぐに効き目がありますし、
水仕事の前にあらかじめ塗っておくことで手荒れを予防してくれる効果も期待できます。

手の平が角質化してゴワゴワと硬くなってきた時に使うと効果的なのが「尿素配合のハンドクリーム」です。
尿素は角質層を溶解させる働きと保湿効果を持ち合わせているため、尿素配合のハンドクリーム塗ることで角質がやわらかくなり、お肌がしっとりします。
手の皮膚のごわつきを放っておくとヒビ割れやあかぎれの症状に進行しますので、症状が軽度のうちにこまめにお手入れをするのが良いでしょう。

ただし、尿素はやや刺激が強いため、傷や炎症がある時や皮膚の薄いところに使用すると症状が悪化する場合があります。
あと、敏感肌の方、子どもやお年寄りが使った時も同様で、逆効果となる場合があります。
尿素によるお手入れは手荒れに対して効果は高いですが、症状や使用する方の皮膚の状態を考慮した上で十分に注意しながら使うようにしましょう。

体の末端部位である手は血行不良によって栄養が行き渡らず、かさつきやあかぎれ、しもやけなどが起こることがあります。
このような時には「ビタミン配合のハンドクリーム」を使うのが効果的です。

まず、ビタミンEを配合しているハンドクリームがありますが、ビタミンEが血行を促進させ、手の指先が冷えて起こるかゆみやしもやけの症状を緩和してくれます。
そして、ビタミンCを配合しているハンドクリームがありますが、ビタミンCが末端の血液に浸透することで血行を促進させる効果を得ることができます。

ビタミン類を配合しているハンドクリームは、冬の冷えによるかゆみや手荒れが比較的軽度の方に向いています。

やさしくマッサージするように塗ると血行もより一層良くなりますので、冬の手のお手入れの時には意識してみましょう。

乾燥が進むと、場合によってはあかぎれや湿疹のような炎症になることがあります。
炎症を起こしてしまった手の皮膚は、「炎症を抑えるハンドクリーム」を使うのが効果的です。

手荒れに効くハンドクリーム

炎症を抑える成分はいくつかありますが、ヘパリン類似物質を配合しているものは消炎作用と保湿力に優れていて、患部の潤いを保ちながら炎症を静めてくれます。
繰り返す手湿疹にお悩みの方におすすめです。

また、アラントインを配合しているものは、水仕事、洗剤やシャンプーなどの外的刺激によってできた炎症や湿疹で傷ついた皮膚を修復しながら症状を和らげてくれます。

炎症を起こしている原因に対応している成分が入っているハンドクリームを上手に選んで、炎症の悪化を防ぎましょう。

美容師さんや飲食店の方など、職業上、水仕事や洗剤の刺激による手荒れに困っている人におすすめなのが「水に強いハンドクリーム」です。

通常のハンドクリームの場合、クリーム使用後に水を使うとすぐに油分が流れ落ちてしまいます。
それに対して、「水に強いハンドクリーム」は水やお湯に触れても弾く性質を持っています。
しかも、外部刺激から皮膚を保護することを目的としていますから、洗剤やシャンプーなどに接触してもお肌に負担がかかりにくいというメリットもあります。

【ハンドクリームは1年中こまめに塗ることが大切!】

家事とは切っても切れない主婦の方をはじめ、水仕事が欠かせない職業の方たちは「手荒れ」とうまく付き合っていかなければなりません。
乾燥しやすい冬に限らず、ハンドクリームを1年中こまめに塗り、普段から手のお手入れに気を配ることが手荒れを防ぐことにつながります。

手の表面の皮膚細胞は常にターンオーバーの働きによって新しい細胞に生まれ変わっていますが、手荒れが起き始めると修復するまでに2週間以上かかると言われています。
様々な種類のハンドクリームがありますが、手荒れを起こす前の予防策として、ぜひ活用してみてくださいね。

ハンドクリームの効果的な使い方

水仕事をした時や手の乾燥が気になる時にハンドクリームをこまめに塗ることは、手荒れを悪化させない最も有効な方法と言えます。
特に、手に刺激のある洗剤などを使った際には、直ぐにハンドクリームを塗って手の保湿を行うと、皮膚への負担を大きく軽減することにつながります。
ハンドクリームはいつでも塗る事ができるようにしておくと、手が荒れる前に対処することができます。

携帯用ハンドクリーム

外出する時にもミニサイズのハンドクリームを一つ携帯しておくのが良いでしょう。

また、日中は仕事や家事をしていてなかなか手のお手入れの時間を取れないという方は、夜、寝ている間に集中的にお手入れするのも効果的です。
ハンドクリームを指先、手の甲、手の平にまんべんなく塗り、綿100%の手袋を着用して寝るだけでOKです。
ハンドクリームは少し多めに塗るのがポイントです。
ヒビ割れやあかぎれなどの手荒れのひどい部分はデリケートになっていますので、ハンドクリームを塗り込むのではなく、やさしく乗っけるように塗るのがお手入れの時のコツです。
一週間ほど続けると手に潤いが出てきて、皮膚のかさつきが治まり、ヒビ割れやあかぎれを起こしていたところも症状が改善されるはずです。

病院で処方される治療薬以上に効果があると言われるハンドクリームも多く販売されていますので、日中の仕事用や寝る時用など、ハンドクリームを上手に使い分けてみてはいかがでしょうか。

手荒れを防ぐ方法

ハンドクリーム以外で手荒れを防ぐ方法についてまとめてみました。

■手の洗いすぎに注意!
汚れが気になって洗浄力の強い石けんでついついゴシゴシ手を洗ったり、ウィルスによる風邪予防のために殺菌力が強い石けんを使ったりしていませんか?
必要以上に手を洗ったり、刺激の強い成分が手に触れたりすることで、手の皮脂がどんどん減って乾燥し、かさつきやかゆみが起こります。
手の洗いすぎを毎日繰り返していれば、当然症状が悪化することは目に見えており、ひび割れやあかぎれにまで発展してしまう可能性もあります。

そこで、手荒れに悩む方は敏感肌用の低刺激の石けんがおすすめです。
とにかく刺激も強いものが手に触れることを避け、手荒れの原因となる外部刺激を徹底的に取り除くことが大切です。
石けんだけではなく、シャンプーも手に触れるものですので、できることならばシャンプーも低刺激のものを選んでみてはいかがでしょうか。

また、お湯は水より皮脂や水分を奪いやすいので、手を洗う時にはできるだけ水を使うのが良いでしょう。冬は水では冷たすぎるという場合は、できるだけお湯の温度を下げるように心がけましょう。

■手袋を着用する
手荒れが起こっている患部はとてもデリケートになっています。
家事や仕事上、水、洗剤、シャンプー、ゴム製品などの使用を制限するのは不可能ですので、極力素手で触る事は避けたいところです。

手荒れ対策

そこで、おすすめしたいのが木綿手袋の着用です。
ゴム手袋も有効ですが、直接触れると刺激になり、手の皮膚への負担が大きくなります。
それに、アレルギーをお持ちのお方もいらっしゃるので注意が必要です。
ですから、水仕事を行う場合は、最初に木綿手袋を着用してからゴム手袋をはめて作業を行いましょう。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。