重曹で足の臭いを解消!足湯や重曹スプレーも。


暑くなると、ムレや汗をかきやすくなり、いつもよりも気になる足の臭い。
友人宅へのおよばれや、お座敷での飲み会は、急にやってくるもの。
重曹を使った日々のケアで臭いを元から退治しましょう!

重曹で足の臭い対策

足の臭いとり

臭いの原因

【汗自体は「臭わない】

足の裏は、もともと汗をかきやすい場所です。
体の他の部位よりも汗腺が3~10倍集中していて、両足で1日にコップ1杯分の汗をかくと言われています。

足の裏に集中している汗腺は「エクリン腺」と言うもので、
体温を調節してくれる大切な汗腺で、汗自体にほとんど臭いはありません。

【臭いの原因は「菌」】

臭いの原因は汗ではなく、汗と一緒に流れ落ちた古い角質などが表皮ブドウ球菌やいわゆるバクテリアなどの細菌によって分解されると、あの嫌な臭いが発生するのです。

足の臭いの主な原因となるのは、その繁殖してしまった雑菌です。

足の裏は重い体重を支えるため、体の中で一番角質層が厚くなっている部分です。
毎日の新陳代謝や摩擦によって剥がれ落ちた角質、いわゆる「垢」が菌の大好物となってしまうのです。

また、足は靴下や靴で長時間密閉状態になってしまいがちです。
汗がこもり、蒸れた温かい環境は雑菌が最も繁殖しやすい環境です。

そして蒸れている状態は、角質も剥がれやすいので、快適な環境にプラスして大好物のえさまでたっぷりある状態をつくってしまっているのです。

臭いの物質はいくつかありますが、特に気になるあの臭いの原因は「イソ吉草酸」という物質で
実は納豆の臭いの中にも含まれているものなんです。

足の臭い対策

【角質を落としてしっかり洗う】

足の臭い対策でまず一番肝心なのは、足をしっかり洗い古い角質を落とし、清潔に保っておくことです。
古くなった角質自体は、手で軽くこするだけで簡単に落とせます。

必要以上にゴシゴシこすらなくても大丈夫ですので、マッサージをするように全体をよくこすりましょう。

特に、足専用のシャンプーや、殺菌作用のあるもので洗うと菌も落とすことができ、より効果的です。

重曹足湯が効果的

足の気になるにおい成分「イソ吉草酸」には重曹が効果的。
これは酸性の「イソ吉草酸」に対してアルカリ性の強い重曹が中和してくれるためです。

足洗いと並行して重曹足湯をすると、洗って落としきれなかった菌を中和してくれます。
臭いがひどい方は、数日続けて毎日やってみるといいでしょう。

【重曹足湯の方法】

 洗面器にお湯を入れ、大匙2~3杯の重曹を入れて溶かします。
そのお湯に10分~20分程度足をひたします。

重曹の足湯重曹はドラッグストアやスーパーでも手に入ります。
製菓材料のところにある「タンサン」も重曹です。

重曹は比較的安く手に入りますが、購入する時はパッケージに書いてある使用用途を確認しておくと安心です。
物によっては肌に刺激となる成分が含まれていることもありますので、食用の物だと安心です。

また、重曹はアルカリ性が強いので、お肌の弱い方は量を調節し、少なめからスタートしましょう。

重曹スプレーでマメなケアもおすすめです

150ml程度の水に重曹を小さじ1杯入れて振り、溶かして溶液を作ります。
スプレーボトルに入れて消臭スプレーとして利用してみましょう。

重曹スプレーは足の臭い対策だけではなく、カーテンの消臭や生ごみの消臭にも使えます。
床に噴霧して雑巾で拭くことで床掃除にも使えて便利ですので一度お試ししてみてください。

水虫など他に病気のある方はまずそのケアを

もし、水虫など、ほかに足の病気をお持ちでしたら、まずはそちらのケアからスタートしましょう。
水虫菌そのものが臭うわけではありませんが、水虫によって荒れた肌に雑菌が入り込み、それが臭いの原因になっていることがあります。

足の蒸れや汗など、臭いの原因と、水虫の繁殖しやすい条件は同じであるため足の臭いと併発している可能性もあります。

水虫の場合は、早めに皮膚科を受診して治療しましょう。
治療には時間がかかる場合もありますし、人にうつしてしまう可能性もありますので、水虫の治療をしながら足の環境改善もしていくとよいでしょう。

また、今は水虫ではなくても、臭いの出やすい足の環境は水虫も喜ぶ環境であるため、今後水虫を発症しないためにも足元の環境改善を心掛けましょう。

靴のお手入れで臭い対策

【ローテーションと乾燥を】

靴はローテーションする
一日はいた靴は、汗をしっかり吸って蒸れているかも。
靴の湿気を取り除き、清潔に保つことがポイントです。

まず、普段履く靴は2,3足用意し、毎日履き替えましょう。

履かない日は天日干しでしっかりと乾燥させ、菌の繁殖を防ぎます。
また、革靴など天日に干せないものは屋外の風通しの良い場所で陰干しをしておきます。

スニーカーなど洗えるものであれば、まめに洗って天日に干し、しっかりと乾燥させてあげるのも効果的です。
先ほどの重曹スプレーを使用するのもいいでしょう。

【中敷きを入れる】

中敷きは汗を吸収してくれますので、靴には中敷きを敷いておきましょう。
これだけで足の蒸れが違ってきます。

速乾性に優れたものや、抗菌加工のものを選ぶとさらに効果的。
中敷きも、靴と同様複数枚用意し、一日使用したものは必ず乾燥させ、ローテーションして使用します。

乾燥対策をしっかりすることで、臭いを大幅に減らすことができるでしょう。

【脱臭剤を使用する】

市販の脱臭剤を靴の中に入れるのもよいでしょう。
重曹でシューズキーパーを作って、靴の中に入れておくのもいいですね。

重曹シューズキーパーは使い古しのストッキングやソックス(キレイに洗って乾燥させてあるもの)などの中に重曹を入れ、中身がこぼれないように端を結んでおきます。

この時の重曹は直接肌に触れるわけではないので、お掃除用の物でもOK。
靴を置いておくときに中にいれておきましょう。
通常効果は2~3か月持ちます。

【靴選びのポイント】

靴を選ぶときにもいくつかポイントがあります。
まず一番は、通気性の良い靴を選ぶこと。

合皮やゴム素材のものは蒸れやすいので避けましょう。
また、サイズのあった靴を選ぶようにするのも大事。

サイズが大きすぎて足が靴の中で泳ぐと、無駄に力を入れて踏ん張ってしまい、
足が緊張して汗をかきやすくなってしまいます。

靴の中の臭い対策

【蒸れにくい靴下を選ぶ】

足の蒸れの対策として、直接足に触れている靴下はとても大切です。
できれば天然素材のもの(綿や絹・ウールなど)を選びます。

綿100パーセントの靴下は吸収性には優れていますが、汗の発散と言うところは苦手としていますので、混紡製品の方がおすすめです。

一番肌に近い所にシルクの靴下をはき、上から綿のものを重ねるのもよいでしょう。
もちろん、できれば5本指のものを選びます。

ストッキングをはくときは、消臭効果のあるストッキングを選び、できれば外出先で2、3回履き替えるのがおすすめです。
これによって靴の湿度を下げ、臭いを防ぐ効果もあがります。

【お洗濯も念入りに】

まずは、殺菌効果のある石鹸を使って、靴下をプレ洗いしてからいつもの洗濯をしましょう。
洗濯機に使用する洗剤も、殺菌や消臭の効果のあるものを使います。

また、重曹水に一晩つけるのもおすすめ。
水1リットルに対して大匙3杯の重曹をよくとかし、靴下を浸けておきます。
翌日、すすいでから普通に洗濯をします。

【熱での殺菌も効果的】

お湯につけて、熱による除菌も試してみるのもよいでしょう。
60度以上のお湯につけて下さい。(沸騰していなくても良い)素材によっては縮む場合もありますので、洗濯表示を確かめたのち、しばらく浸けておきます。

また、お洗濯後にアイロンをあてるのも熱による除菌効果を期待できます。
お湯と同じく、素材を確かめて傷まないように注意してください。

【しっかり乾燥させる事が大事】

靴と同じく、靴下もしっかり乾燥させることが大事です。
生乾きの靴下を履くと、蒸れやすくなります。

また、足も、しっかり拭いて乾燥した状態で靴下や靴を履きましょう。
足の指の間まで注意します。

湿気は何よりも雑菌の喜ぶ環境です。

靴下もちゃんと選ぶ

まとめ

足の臭いをケアしてあげるには、
「足」そのもの、「靴」「靴下」の3つそれぞれに対しての対策が必要です。

菌のエサをなくし、増やさないこと。
菌を殺すこと。を意識してケアします。

ポイントは『乾燥』ですね。
しっかりケアをして足の臭いの悩みから解放されましょう!

自然にやさしい重曹 食品添加物(600g)[重曹]

自然にやさしい重曹 食品添加物(600g)[重曹]
価格:228円(税込、送料別)


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。