朝シャンって良いの?悪いの?疑問に答えます!


とある調査によると、日本人の3人に1人は朝シャンをしているという結果が出ています。

朝シャンが生まれてからかなりの年月が経っていますが、一時的なブームで終わらずに現在も根強く朝シャンをする人がいて、廃れることなくすっかり定着していますね。
つまり、朝シャンにはその習慣を続けさせる大きな魅力があるということです。

朝シャン

しかし、朝シャンには思わぬデメリットも。

朝シャンによって薄毛やハゲると耳にしたことがある方もいらっしゃるのでは?
もしかしたらそのリスクを知らずに朝シャンを続けていると、取り返しのつかないことになるやもしれません。

それでは朝シャンの歴史、そしてメリットとデメリットについてご紹介します。

朝シャンの歴史

朝シャン(朝にシャンプーをすること)の習慣が生まれたのは、1987年とかなり昔。
とあるメーカーがCMで放送して話題となり、流行やおしゃれに敏感な女子高生を中心に一気に広がりました。

朝シャンの歴史
朝シャンという言葉は1987年の新語・流行語大賞の新語部門・表現賞を受賞しています。
忙しい朝、シャンプーをするために朝ご飯を抜くという人も増え、健康の面から問題視もされるなど、当時から良い評価と悪い評価の両方がありました。

朝シャンのメリット

朝にシャンプーをすることで、起きた時の髪の暴発や寝癖を直さなくて良いだけでなく、寝ている間に汗をかいたときに漂う汗臭・体臭を解消してくれるなどおしゃれ面でのメリットがまず挙げられます。
とくにくせ毛の方は、時間を掛けて整髪料やドライヤーを駆使してヘアスタイルを整えるくらいなら、さっさと洗ってしまった方が逆に短時間でできるということも。

そのほかにも、朝から頭皮に刺激を与えることで、寝ている間の副交感神経優位の状態からすぐに交感神経優位の状態に変わり、朝から活発に活動できるという点でもメリットがあります。

さらに血行が良くなるため冷え性の改善になる上に、代謝が活発になり、エネルギー消費もどんどん行われることでダイエット効果もあると言われています。

たしかに、朝起きた時に漂う体臭や汗のにおいなどは、自分でも「うっ」と感じることもありますね。
そのニオイの発生箇所は髪の毛・頭皮だけではありませんが、洋服や制汗剤では抑えられない部分なので、朝にシャンプーをすることでニオイをカットし、シャンプーやコンディショナーの良い香りを身にまとうことができるのは魅力的。

また朝起きてすぐに活発に行動するのは難しいものですが、シャンプーをすることですっきり目が覚めて気持ちよく一日をスタートできるのも、朝シャンの大きなメリットといえます。

これらを見ると、朝シャンには良いことしかないじゃないかと思ってしまいがちですが、そこに大きな落とし穴があるのです。

では次に朝シャンのデメリットをご紹介します。

朝シャンのデメリット

朝シャンのデメリットでまず真っ先に挙げられるのが、薄毛・脱毛のリスクが高まると言う点です。
朝から洗髪すれば、血行も良くなって、頭皮のつまりも取れて、育毛や発毛効果も上がるのではないか?と思うものですが、実は方法によっては全く逆になってしまうのです。

朝は、学校や会社へ行く準備、家事など起きてすぐに短時間でさまざまな作業を行わなければいけません。
そのため、その忙しい時間の合間にシャンプーをするとなると、夜にゆっくり入浴した後に洗髪するのと違い、しっかり洗うことが難しくなります。

朝シャンのデメリット
気分的にもあわただしくなり、頭皮を傷つけるようにごしごし洗ったり、しっかりとすすがずにシャンプーが頭皮に残ってしまったり、頭皮に思わぬダメージを与えてしまっていることも。

洗い残したシャンプーは頭皮を傷めるだけでなく、毛穴を詰まらせて、元気な毛が生えて生長するのを阻害してしまうことになります。

その結果、朝シャンを続けることで、髪の毛に栄養がいきわたらずにコシやハリがなくなり、毛穴が詰まって新しい毛が生えにくくなってしまい、薄毛・抜け毛が増えてしまうのです。

また、朝にシャンプーをするから、と夜にシャンプーをしないことも問題の一つ。
髪の毛は、夜寝ている間に成長すると言われています。
これは成長ホルモンが活発に分泌され、新陳代謝が活発に行われる時間だからです。

いわゆるこの髪のゴールデンタイムには、清潔な頭皮でいることがとても大事なのですが、朝にシャンプーをしているからと夜のシャンプーを行わないと、頭皮の血行も促進されず、頭皮には一日の汗や皮脂、汚れがぺったりと付着した状態のまま。
そのため、本来なら夜の間に生まれ変わり、成長する髪の育成が阻まれてしまいます。

さらに問題なのが、朝にシャンプーをすることで、紫外線のダメージを受けやすいという点です。
夜にシャンプーをすれば、古い角質や汚れ、皮脂などは取り除かれ、新たに必要な量の皮脂が頭皮をカバーしてくれます。
皮脂というと、すぐに毛穴を詰まらせる良くない存在と考えてしまいがちですが、肌を外部の刺激から守るバリアーとしての機能を持つ非常に重要な存在なのです。

朝にシャンプーをしてしまうと、夜の間に分泌されたバリアー機能を果たす大事な皮脂までごっそりとってしまいます。
その無防備な状態で、通学や通勤、日常生活で紫外線を浴びると、ダイレクトに頭皮や髪に紫外線が与えるダメージを受けてしまうのです。

また、朝シャンの時間をとるために、朝ごはんを抜くという人も少なくありません。
これは成長期の体にとっては取り返しのつかない大きなデメリットです。
ただでさえ、栄養バランスの取れた食事ができていない人にとっては、朝ごはんを抜くのは致命的。

間違った朝シャンをすることで、薄毛や抜け毛、頭皮だけでなく、体にもダメージを受けてしまうことはわかっていただけたでしょうか?

でもやっぱり朝シャンしたいなら

朝シャンによるデメリットはわかったけれど、やっぱり朝シャンしないとすっきりしない!という方もいらっしゃることでしょう。

そういう方は、以下の注意点を守って朝シャンをするようにしましょう。

朝シャンのための早起き
まず第一は、朝にシャンプーをしたいなら、その時間分早起きをすること。
時間がないと雑な洗髪やすすぎになるのを防ぐにはこの方法しかありません。

そして使うシャンプーは低刺激の安全性の高いものを選ぶことも重要です。
髪を洗う時には、朝起きてすぐの毛穴にダメージを与えないようにぬるめのお湯で慣れさせてから適温に上げて洗うようにしましょう。

第二に、洗う場所は、洗面所ではなくお風呂。
首などもしっかりすすげるように、朝シャンよりも朝風呂に入るつもりで行うと体全体の血行が良くなり、洗い残し・すすぎ残しも防げます。

最後に、朝シャンの後は頭皮や髪を保護する皮脂が十分に分泌されていない状態なので、外出するときには帽子や日傘など、紫外線がダイレクトに頭皮や髪にあたらないように工夫することも重要です。

まとめ

以上、朝シャンのメリットとデメリット、そして朝シャンをするときの注意点をご紹介しましたが参考になったでしょうか。

通りすがった時、シャンプーやコンディショナーのさわやかな香りがするのは非常に好印象を与えるものですね。
ですが、そのために自分の頭皮や髪を犠牲にするのは本末転倒です。

おしゃれや清潔感は大事ですが、自分の髪や体の健康はもっと大事。
朝シャンの習慣を続けるなら、注意点を守って、髪や体に害を与えないように注意して行うようにしましょうね。


No tags for this post.



記事がありません。


Facebookページにご参加ください

キレイになりたい!では、実際に使用してみた基礎化粧品やファンデーションの口コミを画像付きで紹介したり、ダイエットやアンチエイジング全般の情報を常に配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。